事象における認識

古代ギリシャの哲学者エピクロスの考えについて、いくつかの知られていることがある。

例えば、彼の物事に対する認識とはすべての事象について感覚を根拠にして考えねばならないということであり、『エピクロス ―教説と手紙―』では「感覚は誤つことがない、われわれは、われわれのどんな判断をも感覚の示す明瞭性に帰着して検証しなければならない、というのがエピクロスの認識論の基本」であると述べている。 

 そして、この認識論を実際の生活に当てはめた時にこそ、エピクロスの快楽主義は生まれるのである。彼は『生活目的について』でさらに確信的な側面が述べられているそうであるが、ここでは割愛することにする。

 
ネットワークビジネスをより確実に成功させる秘訣
やってはいけない!ネットワークビジネスの勧誘には注意!
本当に役に立たない?ネットワークビジネスのランキング
恐るべき罠を暴いた「ネットワークビジネス 9つの嘘」
ネットワークビジネスで化粧品を売る自信が無い!
ネットワークビジネスとは何か
ネットワークビジネスのニュースキンが新製品を発売!

Comments are closed.